2013年7月31日開催のBPA LIVE Vol.17 テーマ「クラウドファンディング」にて、高窪雅基氏(ソーシャルメディアマネージャー協会)を筆頭に、十河貴之氏、鈴木信太郎氏、白石朋久氏が、クラウドファンディングの全貌について、プレゼンをくださいました。
また、米国支部のJasonLange氏による海外クラウドファンディングについて、ビデオ参加いただき、世界の現状、及び、世界の目でみたクラウドファンディングを知ることができました。

海外のクラウドファンディングは「株式型」「貸与型」「報酬型」「寄付型」の4つに区分されます。
メリットとして、企画者は、資金集めができ、プロジェクトがシェアされ共感を得られるということ。マーケティングの要素として、人に受け入れられるかという調査にもなります。
出資者は、投資家としてのサポート・パトロンという言い方で表され、報酬が得られ、満足感が得られる点にメリットがあります。
プラットホームである運営者は、手数料収入が得られます。

リスクとして、資金集めに失敗した場合、名声に傷がつくという恐れ、アイデアの盗用というリスクがあります。
オーバーファンドで、集まりすぎた場合にも、企画が実現できるのかといったリスクも出てきます。
出資者は、詐欺に遭うかもしれないというリスクと、企画が思う通りに進まなかったり、進捗状況がきちんと伝えられないとフラストレーションが溜まったりということも起きます。

規制の枠組みがないと詐欺行為を生みやすく、運営者側には、お金の管理能力が求められます。
リファンド(お金を返す時の処理能力など)の際に小さなお金の集まる現状で、きちんとお金の管理ができるのか、また、プロジェクトの審査の判断基準をしっかりと打ち立てておかなければ、良質なプロジェクトが集まらなくなります。

現在、日本では、株式型、貸与型は認められていませんが、昨年のオバマ大統領の金融規制緩和を受け、日本国内でも、政府主導で、金融緩和の流れに進み、株式型、貸与型の可能性が出てきました。

ソーシャルメディアマネージャー協会でも、クラウドファンディングに参加しましたが、
国内のキャンプファイアーで資金調達をしたあるプロジェクトは、海外のindeigogoで資金調達をしたアイデアを日本に広めるという形で、商品のリターンで成功したという事例もあります。
しかし、海外での販売価格との差、国内で販売を始めた時の価格差などが生じており、最初のスキームの中で、価格、シッピング費用などの緻密な組立が出来ていないものは、今後、問題を生みそうです。
専門家が入っていれば当初からリスクマネジメントを行うことで、このような問題は出てきませんが、お金を集めるということの意味を理解できていない人たちが、軽々しく参入するということが、実は、大きなリスクといえるかもしれません。

※ 今回のプレゼン資料をご希望の方は、ソーシャルメディアマネージャー協会までお問い合わせください。

0 コメント

メッセージを残す

©2020 Business Producer Association

Business Tools クイックリンク

ユーザー名とパスワードでログイン

又は    

ログイン情報を忘れましたか?

アカウント作成