2013年9月3日開催のBPA LIVE Vol.18 テーマ「コミュニティビジネス」にて、Synapse Jockey 代表 中山照章氏によるSJ-Cafeのデモンストレーションが行われました。「SJ-Cafeは、日本の英知を結び広げるコミュニティビジネス」をタイトルに、これからの日本国内の英知の集約にSJ-Cafeが、大きな貢献となることが期待されます。

2013年6月、SJ-Cafe(Synapse Jockey Café:関心事を見える化した知図・Synapse Mapを参加者で作っていくフラットな意見交換の場)を立ち上げた中山氏。
東京-京都-広島と、その活動は幅広く、これら3拠点を基にコミュニティ作りの場を日本各地で展開しています。

「どうやればいいの?」そんな疑問の中、中山氏の「いろいろ説明するより、まずは体験してみてください」の通り、実際にトライアルをしてみると、互いに相手のシナプスに触れ、賑やかに対話が弾みました。
特に「教育」のテーマは、中山氏にとって、とても大きなテーマでもあり、実際に小学生・中学生の教育に携わり、今後は大学生の教育に手を伸ばす小池氏のシナプスに反応した中山氏。
また、予め日本ビジネスプロデューサー協会理事長のシナプスを手に入れた中山氏は、そのシナプスを自分のシナプスとつなげた、次のステップのシナプスを示してくださいました。
知の可視化×体系化というものは、こういう風に生まれてくるんだ!ということを発見した時間となりました。

人と人とのシナプスをつなげることで、互いの共通点や気づきがあり、それが広がっていくということを、目の前で拝見することができるというのは、知の蓄積と体系化とは、このように生まれてくるのだという理解が深まりました。

SJ-Cafeは、知をもつ人が集まれば、どこでも開催できます。
日本各地で、知の蓄積が可能になれば、大きな力になると思います。
ぜひ、皆様も、参加してみてください。
皆様の知が、大きな変革を生み出します。

0 コメント

メッセージを残す

©2020 Business Producer Association

Business Tools クイックリンク

ユーザー名とパスワードでログイン

又は    

ログイン情報を忘れましたか?

アカウント作成