BPA LIVE Vol.16は、第1回「究極の一日」研究会 in BPA LIVEを行います。

【対象者】
・成功法則、成功哲学、自己啓発等の書籍を読んでもなかなか成果に結び付かない方
・今の自分に自信が持てず迷いや悩みを多く抱えている方
・ビジネスリーダーとしてのブレないビジネスマインドを学びたい方
・ビジネスプロデューサーに興味があり、彼らのイキカタを知りたい方
・究極の一日を書いてみたいと思っている方、究極の一日の効果を知りたい方

以下、究極の一日研究会代表の井上祐宏氏から参加者へ向けたメッセージでございます。
「志を持っている人、志を持ちたいと思っている人、志を持っている人を応援したい人のみ参加可能!」

【開催日時】2013年6月26日(水)午後6時~8時半
【会 場】銀座ブロッサム 会場名:ローズ
(〒104-0061 東京都中央区銀座 2-15-6 TEL 03-3542-8585(代表))
【定員】50名
【参加費】日本ビジネスプロデューサー協会会員(読者会員・準会員・正会員)と究極の一日研究会会員は、無料
     一般(会員以外の方)は、1,000 円

【プログラム】
《第一部》
テーマ:第1回「究極の一日」研究会in BPA LIVE
プレゼンテーター:井上祐宏氏 (株式会社ERC代表取締役)究極の一日研究会会員

《第二部》
テーマ:究極の一日で究める”ブレないイキカタ”
プレゼンテーター:伊藤淳氏(一般社団法人日本ビジネスプロデューサー協会理事長/設計及びデザインもできる企画系コンサルタントとして国内外のクライアントの新規ビジネス立上げ、戦略構築サポートを主な業としているが、本人はコンサルタントという呼び名が嫌いでビジネスプロデューサーと称している。)

―――――

井上祐宏氏-魂の放火魔

「魂の放火魔」と自称し、「世の中をいい方向に過激に変える」ためにどうしたらいいのか?と日夜企み続けている稀代の奇妙奇天烈人・井上祐宏。教育革命・農業革命・環境革命・健康革命など様々な分野で、過激な変革を仕掛け、出版やイベント、セミナーを通じて人の魂に火を点けることを生きがいとしている。
その彼は、昨年8月に出版記念プレゼンテーションをBPA LIVE にて行い、会場に感動と興奮の渦を巻き起こしたことは、まだ記憶に新しい。そして彼は、彼の推進する全ての革命の中心に位置する「魂の経済革命」の同志たちと邂逅し、さらにより多くの同志を生み出すために、この究極の一日研究会をBPA内にて、立ち上げた。
「究極の一日」このワークは、恐るべきパワーを秘めている。自己啓発や自己開発のセミナーの講師でさえが、そのほとんどが実践を尻込みする。
なぜなら、このワークに取り組むことで、人は逃げ場の無いところに追い詰められるからだ。
しかし、このワークに取り組み、自らの究極の一日への道を歩まんとする勇者が、現在25 人以上誕生している。
この研究会では、その勇者たちに、自らの究極の一日を語ってもらおうと考えている。そして、参加者全員が、自らの魂と出会い、互いの魂と出会う場としようと企んでいる。かけがえのない出会いを重ね、かけがえのない時を生きること…。それを望む勇者たちよ、来たれ! 合掌 井上祐宏

伊藤淳氏-不動心

究極の一日で究める“ブレないイキカタ”
私は、井上氏に放火された一人だ。
「俺は負けない」そう思って勝ち進んでいた時、「お前は愚かだ」
そう言われて身動きが取れなくなっていた時、今思えば、いずれの時も私の魂はくすぶっていた。
そして、時が経つにつれて、いつの間にかそのくすぶりすらなくなった。が、井上氏との再会によって消えてしまったくすぶり(挑戦心)が復活した。さらに井上氏に迫られ「究極の一日」を書いた。
書き始めたら甦ってきた。
私にとっての究極の一日は、「終わりの時」だった。つまり、逝き方(イキカタ)を描いたようなものだ。しかし、書き終え読み直した時、こころは冷静さを保ち、不動心らしきものが芽生えていた。「すべての出来事がつながった」と思えた。「過去と未来はつながっている」というありきたりのことだが、私の中に新たなエネルギーが沸き起こり「今」この瞬間をどうすべきか、対策までも見えてきた。
今回のライブでは、イキカタ(活き方、生き方、逝き方)の変遷(歳相応のイキカタ)を交えながらビジネスプロデューサーに欠かせない“ブレないイキカタ” についてお話させていただきたいと思う。
当日は、再度、井上氏に放火されることになるだろう。
また、究極の一日を書いた勇者たちも来るとのことなので、「会場が熱い炎に包まれる」と想像している。楽しみだ! 伊藤淳

0 コメント

メッセージを残す

©2020 Business Producer Association

Business Tools クイックリンク

ユーザー名とパスワードでログイン

又は    

ログイン情報を忘れましたか?

アカウント作成