ビジネスプロデューサー協会会報誌『BPA JAPAN』第4号(2012年5月30日発行)に掲載された記事です。

BPA LIVE Vol.1のはじまりから、築地でBPAを応援してくださっている森田のお弁当屋さんのご夫婦です。

いつも元気とともに450円の豊富な種類とボリュームのお弁当をお届けしています。お惣菜やスープ、シチュー、お味噌汁と、まさに栄養とエネルギーいっぱいのお弁当は築地のサラリーマンの栄養。

森田のパパがいないと「お父さん、どうしたの?」森田のママがいないと「お母さんは?」と尋ねられる、まさに築地のお父さんとお母さん。
お父さんのお弁当を受け渡す時のパフォーマンスは、芸術とも呼べるエンタテインメントの空気が醸し出されます。

そんな愛されるお弁当屋さんとなっている理由は、常に足を運んでくださるお客様の立場を最優先してるからこそ。

今年の4月にお店を改装して、世の喫煙者たちに、堂々と許される「おタバコ部屋」を作りました。このアイデアは森田のママがお店の売り上げアップのために、へそくりを投資したもの。
結婚前にデザイナーとして企業でコピーやPOPを作ったり、ライターとして活躍をされていた視点が生かされています。
仕事帰りにはおつまみつきのちょっと一杯☆も用意しております。

朝早くから仕込みをされ、自治体や企業からのお弁当の注文にも、細やかな対応をされて喜ばれています。小さなことでも、常にお客様にいただく代金以上の価値を感じて喜んでほしい。と、ご夫婦そろって、日々、工夫を重ねていらっしゃいます。

「これからはプロデューサーの時代!女性の時代!」と、毎回BPAライブを楽しみにしていただいております。

ちなみに、こっそりとパパさんに「どちらが好意を持たれたのですか?」とお聞きすると「それは僕かなあ~」と、はにかみながら答える素直なパパさんが、本当に素敵です。商売は一体、誰の者だろう?そんなことを一緒に問いかけて対話のできる町の中に根差したお弁当屋さん。他にはきっとみつからない・・・大事な大事なお弁当屋さんです☆

0 コメント

メッセージを残す

©2020 Business Producer Association

Business Tools クイックリンク

ユーザー名とパスワードでログイン

又は    

ログイン情報を忘れましたか?

アカウント作成