6月18日(月)18時より六本木BeeHiveにて開催いたします。

BPA LIVE 第五回目、BPA LIVE Vol.5は「日本再生(共創)」がメインテーマです。

【開催日】2012年6月18日(月)午後6時~8時
【会 場】六本木BeeHive
 〒106-0032 東京都港区六本木7-11-10 TEL 03-5786-3868
【定 員】50名 
【参加費】BPA会員のみ:無料(読者会員も参加できます)
 ※会員登録はBPA HPにて受付けております。
  http://bpa-japan.org/
(8時から同会場にて有料懇親会となります。別途ご案内いたします。)

▼BPA LIVE Vol.5 ” The Revitalization of Japan Trailer

▼プログラム
【第一部】18:00~
オープニング

【第二部】18:10~
ザ・プレゼンテーション
3名のプロデューサーたちのプレゼンです。
—–
《鈴木 学 氏(農業生産法人誠農社)》
 農業と不動産

日本が生き延びていくためには、農業こそが後世に遺された道。夏に食べたナスの味が秋茄子であったことから、その年の天候を読み取った二宮尊徳は、米作りをやめてヒエや粟を作らせ飢饉を乗り越えました。平成の二宮尊徳と呼ばれる鈴木学氏は「日本には農業しかない!」と声を大にします。
埼玉県加須市にて広大な農地を、心あたたまるコミュニティに変え、半農半Xという新しいライフスタイルを提案します。

《山本 奨 氏(株式会社カナミックネットワーク会長)》
 LIFE INNOVATION―医療介護

人口高齢化と言われる日本。全人口に占める高齢人口(65歳以上)の比率は増加し続けています。総務省の推計によると、日本の高齢人口は2553万人で総人口の20%、つまり5人に1人が高齢者ということになります。高齢人口はその後も増え続け、2025年には総人口の28.7%(3.5人に1人)、2050年には35.7%(3人に1人)になると推定されています。
こういったことから、介護・福祉分野の需要は確実に増えていきます。
その上で欠かせないのは在宅医療の活性化と多職種連携できる地域包括ケアを支える介護システムでしょう。キュアとケアの違いとは?6月18日のプレゼンを楽しみにしていてください。

《伊藤 淳 氏(BPA理事長)》
 CREATIVE INNOVATION―共創

これからの日本が世界で生き残るために、ビジネスで出来ることはなんだと思いますか?
これまでにも、何度も伊藤氏は繰り返してきました。日本の職人が集まり、プロジェクトを創り上げたところで、そのビジネスを世界に売りつけることであると。
BPAで何が出来るのか。何が起こるのか。ぜひ、ご期待ください。

▼伊藤淳理事長によるプレゼンテーション

—–

※ 終了後、20時より2時間懇親会を予定しております。(参加費 5000円 当日、受付にてお支払ください)

0 コメント

メッセージを残す

©2020 Business Producer Association

Business Tools クイックリンク

ユーザー名とパスワードでログイン

又は    

ログイン情報を忘れましたか?

アカウント作成