BPA LIVE 第3回目、BPA LIVE Vol.3は「オリジナリティ(独創力)」がメインテーマです。

【開催日】2012年3月26日(月) 午後4時~6時(開場 午後3時半)
【会 場】築地本願寺ブディストホール
【定 員】160名
【参加費】会員:無料
一般:2回目の方は、1000円
※但し、招待券を持っている方は無料
※初参加の方は無料です。

 

▼プログラム
【第一部】16:00~
オープニング

 

【第二部】16:10~
ザ・プレゼンテーション
3名のプロデューサーたちのプレゼンです。

 

▼BPA LIVE Vol.3の予告ビデオです。


《加藤哲也氏(オクト環境開発株式会社 代表取締役)》
▼オクト環境開発株式会社HP
http://www.octo-pd.com/

「我がままに」― 独眼開いて言霊を追う

もの心ついた頃からの遊び場は、絵画、花道、茶道、日舞等の教室。芸術に対する感覚が自然と身につき、プロのドラマーであった祖父の影響を受け、小学生の頃から作詞作曲を始め、詩の世界に溺れた。
合格したら好きな事をさせてやると言われ、大学合格したもの進学はせず、神戸に渡り、好きな音楽活動に明け暮れる。
アルバイト先の売上げを評価され、店舗運営の数字の世界にどっぷりと浸かり7店舗の統括となる。その後、日本全国を放浪しながら、PCのピの字も知らぬまま、プログラム開発会社の営業を行う。あるプログラムのデザインを任された事をきっかけに改めてデザインに興味を持ち始め、個人的にグラフィックデザイン等を引き受け始め、オクトの名前を引き継ぐ事となる。
元々がデザイナーや美術学校講師などで構成される家系であり、毎日の会話がディレクション三昧であったことが現在の加藤氏を創り上げたといえる。

何故、飽和状態のWeb制作をやり続けるのか?と問われても、「デザインは人と人を結びつけるコミュニケーションツール」だと言うのが加藤氏の持論。
企業や個人が活動する際には必須とされるWebサイト制作は、より密に異業種と出会うことができ、その制作をすることで、それらの業種を一気に学ぶ事もでき、新たなビジネスチャンスもプロデュース出来る、まさにWebプロデューサーの仕事です。
制作は、Webの発展ではなく、泥臭いリアルなビジネスの繋がりに落とし込むコミュニケーションと言う加藤氏のプレゼンは、自らの業界の魅せ方に新たなチャンスを創り出したいと思われる方に、クリエイティヴでオリジナルを追及した新しい目線で見ることの可能性を感じていただけると思います。

 


《河合泰明氏(株式会社クロスマニア代表取締役)》
▼UnderkingブランドHP
http://www.underking.com/

「アジアにおける日本プロパティの存在感」
(ジャパンコンテンツ・アジア販売プロジェクト)

大阪モード学園卒
Underkingブランドにて、大人気アニメONEPIECE(ワンピース)パンツを販売しています。
アンダーウェアを <下着> ではなく<ファッション>として提案するPOPでユニセックスなセレクトショップをコンセプトに展開。
今後は、アジアに向けて、ONEPIECE(ワンピース)パンツを通じて、日本の文化を発信していくプロジェクト・リーダーとして立ち上がります。

【ジャパンコンテンツ・アジア販売プロジェクト】リーダーとして、日本が誇るアニメ文化、漫画文化の世界発信のため、下着のイメージを超えたファッションと文化のコラボレーションに挑戦する河合泰明氏。
日本アニメでは、「一休さん」「ドラゴンボール」を超え、10年以上の長寿番組として君臨するONEPIECE(ワンピース)の版権ビジネスを、アジアに向けて一歩を始めました。
国内の市場と世界の市場を比べた時、どちらに可能性を見るか。
その先取り感の鋭さを、流行を作るといわれているアパレル業界の方はもとより、アニメ文化に敏感な方、さらに版権ビジネスについて知りたいと思われる方に、必見のプレゼンです。

 


《古長谷聡氏》
『夢を持つ人』のお手伝い

 


 

【第三部】17:50~
エンディング
▼BPA LIVE Vol.3 エンディングムービー

 

 

 

©2020 Business Producer Association

Business Tools クイックリンク

ユーザー名とパスワードでログイン

又は    

ログイン情報を忘れましたか?

アカウント作成