平成24年12月18日制定

(名称)
第一条
当協会は、一般社団法人日本ビジネスプロデューサー協会(英文名:Business Producer Association)と名称する。

(目的)
第二条
当協会は、会員相互の協力によって、ビジネスプロデューサーとしての知識・情報共有、調査研究を行うことにより、会員個々の資質を向上させるとともに、広く一般国民に対し、ビジネスプロデューサーの認知度普及に貢献し、我が国地方活性化と地域社会、経済社会の発展と国民生活の向上に寄与することを目的とする。

(事業内容)
第三条
当協会の事業は以下の通りである。
・ビジネスプロデューサー資格認定及び認定発行事業
・ビジネスプロデューサー育成、成長のための教育支援事業
・ビジネスプロデューサーに関する広報支援事業

(業務及び運営)
第四条
当協会の業務及び運営は、クラブ運営受託を専業とする株式会社クラブマネジメントとし、同社が事務局を担う。

(活動)
第五条
第二条の目的を達成するために、当協会の活動に積極的に参加する。

(準会員資格)
第五条
当協会準会員は、ビジネスプロデューサーになりたい方、ビジネスプロデューサーと仕事をしたい方で、入会規約に同意し当協会に入会を申し込み認められた者をいう。

(準会員特典)
第六条
準会員特典は以下の通りとする。
1)会員サイト「BPA MEMBERS」の閲覧及び利用
2)ビジネスライブ「BPA LIVE」参加(基本毎月開催。条件が成立した場合に公開ライブ開催)
3)プロジェクト参加

(準会員会費)
第七条
当協会は会員の会費によって運営される。準会員会費は毎月五千円とする。徴収方法については、第八条に定める通りである。納入した会費は、いかなる理由でも返金はできない。

(準会員会費徴収方法)
第八条
準会員会費の徴収方法については以下とする。
1.会費は毎月支払、一年支払から選択できる。
2.支払方法は、インターネットのPaypal支払を基本とする。インターネットで支払不可の会員は申し入れをすることで、請求書による銀行振込も可とする。(一年一括支払いのみとする)
3.Paypal口座あるいはクレジットカードによる支払は、次の各号に同意するものとする。
(1)当協会が指定し、準会員が選択したPaypal口座あるいは、クレジットカードの発行会社(以下、クレジットカード会社という)の規約に基づき、会費を支払うこと。
(2)準会員がPaypal定期支払解除の手続きをしない限り、継続して前項のPaypal口座あるいはクレジットカードによる支払いを行うこと。
(3)クレジットカードのカード番号・有効期限などクレジットカードの内容に変更があった場合、遅滞なくPaypalにその旨を届け出ること。
(4)準会員がクレジットカードの会員資格を喪失したとき、及び、クレジットカードの利用代金の支払状況等を鑑み、クレジットカード会社の判断により会員の同意なくしてクレジットカードによる登録代金の支払いを停止する場合があること。
(5)準会員が届け出たクレジットカード番号等の情報に誤り・変更があり、有効な情報の届出がない場合、会員ページの閲覧が行われないこと。
(6)一年一括支払いにて支払われた会費については、第七条及び第十三条に記載の通り、いかなる理由でも返金はできない。

(規約の効力および変更)
第九条
本規約は、合理的な理由が発生する場合、事前告知なしに本規約を変更および修正することができる。
1.変更された規約は、サイトにて告知し、各々が確認をする。
2.会員は、変更された規約の効力発生日の以後にもサービスを継続使う場合、規約の変更内容に同意したと見なす。
3.この規約に同意するのは、定期的にサイトを訪問して規約の変更を確認することに同意することを意味する。

(個人情報保護)
第十条
会員の個人情報については、その流出、乱用なきよう最善の努力をつくす。ただし、会員の帰責事由によって露出した情報は、一切の責任を持たない。

(著作権の保護)
第十一条
1.会員は、本サービスを利用して入手した当協会、又は他の著作権者が著作権を有するいかなる情報データ、映像、画像等も、著作権法で認められた私的使用の範囲内でのみ利用するものとし、私的使用の範囲を越える複製、販売、出版、放送、公衆送信のために利用しない。
2.準会員は、本条に違反する行為を第三者にさせない。
3.本条に違反する行為によって問題が発生した場合、準会員は、自己の費用と責任においてかかる問題を解決するとともに、当協会に何等の迷惑又は損害を与えない。

(営利目的での利用禁止)
第十二条
準会員は、本サービス又は本件情報を、営業活動その他営利を目的とした行為又はその準備行為に利用してはならないものとする。

(退会)
第十三条
退会について、準会員は、退会を希望するときは、退会希望を事務局に申し入れ、いつでも、会員サイトにて、Paypal定期支払解除ウェブページから支払を解除することで自動的に退会の手続きを取ることができる。ただし支払済みの会費は返金されない。
1.会員の退会後、会員情報およびデータに対する消失の部分に対して当協会では責任を持たない。
2.会員が以下の行為を行った場合、通知なしに当協会退会の処分を取ることがある。
(1)他人の名前、ID、暗証番号などを盗用した場合
(2)入会した名前が実名でない場合
(3)当協会の運営またはサービスの運営をわざと妨害した場合
(4)公共秩序および美風良俗に阻害される内容をわざと流布させた場合
(5)サービスの利用を通じて第三者の指摘または物質的財産権利を侵害する場合
(6)当協会のサービス情報を利用して得た内容を当協会の承諾なしに複製または流通させたり商業的に利用した場合
(7)その他当協会が定めた利用条件に違背した場合
(8)会員は、サービスの利用権限、その他利用契約上地位を他人に譲渡、贈与、担保とすることはできない。
(9)会員は、規定された会費を納付する義務を持ち、会費未納により発生するすべての問題に対する責任を会員自身で負う。
(10)会員は、会員情報の変更が発生した時には直ちにその内容を事務局に通知、及び修正を求め、通知遅延により発生する問題は会員自身で負う。
(11)会員は、本規約で規定する事項とその他当協会が定めた諸般規定、お知らせなどすべての事項および関係法令を遵守する。
(12)会員は、当協会を含んだその他(第三者)の著作権、商標権など知的財産権に対する侵害および名誉を損傷させたり業務を妨害する行為をしない。
(13)会員は、わいせつ物および暴力的掲示物など美風良俗に違反する情報など、事務局が運営上不適切だと判断される行為を会員の承諾なしで削除したりリンクを遮断した場合、異議を提起できない。
(14)会員は、反社会的勢力に対する利益供与及び、その他協力行為をすることができない。

(会員資格喪失)
第十四条
第十三条、及び同条第二項の退会処分に当たる者、及び、会費滞納した場合、会員資格喪失となる。

(免責および紛争解決)
第十五条
当協会は以下に該当する場合には責任が免責されて損害賠償はしない。
1.戦時、事変、天変地異およびこれに準ずる非常状態など不可抗力的にサービスを提供できない場合
2.電気通信サービス特性上避けられない理由でサービス提供が不可能だったり関連設備の保守、交替、定期点検、工事などやむをえない理由で一時的にサービス提供を中断する場合
3.会員本人の過失によった情報流出および会員アカウント盗用
4.会員の故意、過失または、サービス未認知などによる利用障害
5.会員相互間にサービスを媒介に紛争および損害が発生した場合
6.会員が資料の掲示、伝送、保存、照会することによって発生する法的な責任は、会員にありサービスを提供する当協会にはない。
7.会員のコンピュータエラー、インターネット接続障害でサービスが遅れたり、遂行されなかった結果に対して会員に発生した損害の場合

(裁判権および準拠法)
第十六条
1. 本規約の準拠法は日本法とする。
2. 会員と当協会の間に発生した紛争に対しては、当協会住所地を管轄する裁判所を第一審の専属管轄裁判所とする。

(協会規約の発効)
第十七条
当協会規約は平成24年12月18日より発効する。

附 則
この規約は、平成24年12月18日から実施する。

上記会員規約に同意の上、入会申込画面に進む

0 コメント

メッセージを残す

©2020 Business Producer Association

Business Tools クイックリンク

ユーザー名とパスワードでログイン

又は    

ログイン情報を忘れましたか?

アカウント作成